日本中の新曲は同人音楽即売会『M3』でdigろう【2020春参加ガイド】

日本中の新曲がdigれる音楽系即売会M3参加ガイド DJ
この記事は約5分で読めます。

年に2回日本中(稀に海外も)の新曲がリリースされるタイミングを知っていますか?

それは、「M3」という音楽系同人即売会イベントです。

ここでは、M3に行ったことがない人に向けた記事を書いていきます。

ぼくはかれこれ10年近くM3にサークル参加しています。

DJをしている人は、このイベントに行けば最新の楽曲を沢山digれるので、ぜひ来場してみてください!

音系・メディアミックス同人即売会: M3とは?

M3-2020春

出典:https://www.m3net.jp/

M3は、春と秋の年に2回、東京都大田区の東京流通センターで開催されるイベントです。

2020年春のM3開催日程
日時:2020/03/01(日)11:00~15:30
会場:東京流通センター(TRC)第一展示場、第二展示場
入場料(カタログ代):1,500円

では、M3とはそもそもどんなイベントなのでしょうか?

公式サイトから引用します。

M3は、音楽や音声ドラマなどを制作しているサークルの有志により、『自分たちの作品の受け手や他サークルとの交流の場を自分たちの手で作りたい』という想いから設立されたイベントです。

作品の作り手と受け手、準備会スタッフが交流の場を作り上げる仲間として同じ立場で協力し合うことで今日まで開催し続けてきました。

M3という交流の場が今後も継続できるように、また会場内にいる全ての参加者が楽しく過ごせるように、全ての参加者が小さな優しさを持ってご参加頂けますよう、ご協力の程、お願い致します。

出典:https://www.m3net.jp/about/index.php

M3は、「音楽系に特化した同人即売会」となります。

M3の参加者は3つの形態に分かれています。

  1. 作品制作者(サークル参加者)
  2. 作品購入者(一般参加者)
  3. M3企画・運営者(スタッフ参加者)

3つの形態とも、「参加者」という言葉がついていますが、M3では「店員」と「お客さん」という概念は無くし、3者ともおなじ「参加者」であるという理念に基づいて開催されています。

ここらへんはコミケと同じですね。

音楽系に特化した、とありますが具体的には

楽器や歌の生演奏のほか、MIDI・コラージュなど、メディアもカセットテープ・DAT・MD・CD・DVD・FDなどなど、あらゆるものを包括します。

出典:https://www.m3net.jp/about/index.php

とあるように、音楽に関連するものだったら沢山のジャンルのサークル参加者が集まっています。

やはりメインとなるのはCDで、日本中(稀に海外勢も)のクリエイターが新曲を収録したCDの発売日となるのがこの日です。

近年クラブミュージックがとても人気なので、様々なジャンルのクラブミュージックの新作CDに触れることができます。

M3の一般参加方法

空港にいる人たち

では、実際にM3に来場するためにはどうしたらいいのでしょうか?

順番に解説します。

まずはカタログをゲットしよう

M3に入場するためにはカタログが必要になります。

このカタログには、サークル参加者がどこに配置されているかサークルカット(サークルの案内イラスト)とともに掲載されています。

カタログを購入したら、当日入場時に掲示するだけで入場できるようになります。

カタログは当日も販売されていますが、余裕のある人は前日までに同人ショップや通販などでカタログを入手しておきましょう。

【M3準備会】第45回M3(M3-2020春)カタログ(あきばお~)

M3-2020春カタログ / M3準備会事務局 発売日:2020年02月頃(アキバホビー)

M3会場(東京流通センター・TRC)への行き方

M3の会場は、東京都大田区にある東京流通センター(通称TRC)です。

電車を利用する場合は、東京モノレールの流通センター駅で下車したら目の前です。

詳しくはTRCのHPを御覧ください。

来場前には必ず注意事項を読みましょう

M3の公式サイトには、一般参加にあたっての注意事項が掲載されています。

来場前には、必ず一読してから来るようにしましょう。

特に注意するべき点はこちらです。

  • 早朝来場禁止
  • 一般参加者のコスプレ禁止
  • 通行中はヘッドフォン・イヤフォン類をはずす

ルールとマナーを守って、楽しいM3にしましょう!

M3ではこうやってdigろう

レコードをdigる

M3会場に着くと、長机にずらーっとサークル参加者がそれぞれのブースを構えて並んでいます。

カタログをチェックして、まずは自分のお目当てのサークルへ向かいましょう。

また、似たジャンルのサークルは近い位置に配置されていることが多いので、ある程度目当てのお買い物が終わったあとはその近隣のサークルなどもチェックしてみると新たな音源との出会いが生まれたりして、とても楽しいですよ。

サークルによっては視聴機を置いてあるところがあったり、M3会場内にあるCD試聴コーナーではまとめていろんなサークルのCDを視聴することも可能です。

Polyphonixもサークル参加します

ぼくがやっているEDMプロジェクト、Polyphonixもサークル参加します。

Polyphonixのサークル番号は、第二展示場1F か -32aです。

もちろんぼくもいるのでぜひ遊びに来てくださいね。

M3 2020春の日には入場無料クラブイベントも開催します

毎月第一日曜に、nagomix渋谷というクラブでぼくが開催している「Polyphonix」というイベントは2020/03/01のM3 2020春と同日で開催します。

PolyphonixのTwitterアカウント(@Polyphonix_)をフォローすれば、入場無料(別途1ドリンク)になりますので、ぜひ遊びに来てみてください。

しかも今回は2周年の日となります!

まとめ

以上、M3の参加方法についての記事でした!

いかがでしたか?

年に2回開催される音楽サークルのお祭りイベントなので、日本中のクリエイターが参加します。

どこよりも早く新曲を掘れるので、DJにとってはマストなイベントとなっています。

ぜひ最高の音源に出会えますように!

それでは皆さん、素敵なDJライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました