【初心者向け】プロが選ぶおすすめDJ用『イヤホン』ランキング5選&選び方【2020年最新版】

DJ用イヤホンおすすめ5選&選び方 DJ機材
この記事は約5分で読めます。

DJ、というとやはりいちばん最初に思い浮かべるのがヘッドホンの姿だと思いますが、最近じわじわとイヤホンでDJする人も増えています。

ヘッドホンとイヤホンではそれぞれにメリット・デメリットがあるので、自分のプレイスタイルに合わせて選びたいところ。

とはいえ、DJ用イヤホンは普通のイヤホンとちょっと違った視点で選ぶ必要があるので、ここではプロDJの視点から徹底的に選び方を解説します。

また、ランキング形式でおすすめを5機種ピックアップしていますので、この記事を読めばきっとあなたにピッタリのイヤホンが見つかるはず!

 こんな人におすすめ

DJ用のイヤホンを探してる

DJ用のイヤホンって何が違うの?

ヘッドホンDJを卒業したい

憧れのDJがイヤホン使ってるから真似したい

DJブースで派手に動き回りたい

ヘッドホンとイヤホンってどっちがDJに向いてるの?

DJ用イヤホンって…?

Fes

通常、DJプレイにはヘッドホンが用いられますが、最近フェスなどの動画を見ていると業界トップのDJにもイヤホンを使う人がちらほらと増えてきています。

イヤホンでDJって、ちゃんとできるの?

という疑問が浮かびそうですが、結論から先に言うと問題なくDJできます。

しかし、ヘッドホンとイヤホンではそれぞれにメリットとデメリットがあるので詳しく解説します。

ヘッドホン・イヤホンそれぞれのメリットとデメリット

表にまとめたので見てみてください。

ヘッドホン

イヤホン

メリット

出力が大きいので音質が有利
主流なので機種の選択肢が多い
見た目がちゃんとDJ

着脱せずにプレイできる
取り回しが楽
耳栓も兼ねられる
荷物が軽くなる

デメリット

頭につけたまま激しく動けない
重い、かさばる
プレイ中に何度も着脱をする

ヘッドホンに比べて低音が弱め
あまり機種の選択肢がない
見た目がDJっぽくない

つまり、それぞれにいいところと悪いところがあります。

上記の表で、自分のプレイスタイルやライフスタイルに合わせてどちらを選択するか決めてみてください。

個人的には、イヤホンでDJしているとフロアから見た時にDJっぽくなくなりますが、それを許容できるならイヤホンでDJは全然アリだと思います。

DJ用イヤホンの選び方

DJ

さきに答えを書いておくと以下のようなイヤホンから選びましょう。

  • なにより頑丈である
  • しっかりと低音が鳴る
  • 爆音環境でもモニタリングできる
  • 有線である

となります。

少し掘り下げて書いてみます。

なにより頑丈である

ヘッドホンに比べ着脱回数の少ないイヤホンではありますが、やはりある程度の堅牢性のあるものが理想です。

DJ用として設計されたものはケーブルが頑丈に作られていて、断線しにくくなっているものが多いです。

なので、ちゃんとDJ用のイヤホンから選びましょう。

しっかりと低音が鳴る

ウーファー

普通のリスニング用のイヤホンに比べ、DJ用のイヤホンは割と低音がしっかり鳴るように作られている傾向があります。

ただでさえヘッドホンに比べて低音のモニタリングがしづらくなるので、ちゃんと低音が聴こえるものでないと正確なモニタリングができません。

爆音環境でもモニタリングできる

密閉型

クラブという場所はとても大きな音が鳴ります。

なので、外音がガンガン入ってくるようなイヤホンだとまったくモニタリングできません。

また、イヤホン自体のパワーがないと最大音量にしても聞こえない、という事態に陥りかねません。

ある程度しっかりパワーのあるイヤホンから選ぶようにしましょう。

有線である

ヘッドホンの記事でも書いたことと同じことを記載しておきます。

DJミキサーにはBluetoothをはじめとするワイヤレス規格は搭載していません。

また、今後搭載される可能性もなくはないですが、ワイヤレス通信の遅延が完全にゼロになるまでは適しているとは言えません。

コンマ○秒のシビアなタイミングを調整するDJにとって、有線である(または有線も使える)ということは必要不可欠です。

おすすめDJ用イヤホンランキング5選

おまたせしました。

プロDJが選ぶおすすめイヤホンをランキング形式で5機種を紹介します。

高級イヤホンといえば、ちょっと前まではSHUREの独壇場でした。
そして今でももちろんSHUREのイヤホンは愛用者がとても多いです。
分離感がとてもよく、豊かな低域でDJ用イヤホンとしても愛されているSE125。
カラーバリエーションも4色展開で、青は一番定番のカラーです。

DJ用ヘッドホン、HD25シリーズでも大人気のSENNHEISER IE 40 PROは、完全にステージング用に作られたモニタリングイヤホンです。
大音量でも歪みなくクリアな音質を謳っている同商品も愛用者が多いです。
このIEシリーズのエントリーモデルとなるのがIE 40 PROですが、フラッグシップとなるIE 80はなんと低音調整可能なモデルとなっているので、もし予算がある人はそちらを検討してみてもいいかもしれません。

日本が誇る音響メーカー、SONYのモニタリングイヤホンです。
こちらもステージング用に作られていますが、かなり低音がしっかりと出るようにチューニングされています。
しかしながら、音の分離感に優れているのでちゃんと高音までこもることなくモニタリングできるプロユースの一品です。

3万円超えという値段が値段なのでなかなか手を出しづらいですが、いいものはそれなりのお値段である、という典型的な一本。
高級ヘッドホンメーカーとして知られるULTRASONEの中では手が出しやすいモニタリングイヤホン。
ちなみにULTRASONEは約35万円するイヤホンを出していますw

PAミキサーなどでよく知られるMACKIEが、現場用に開発したモニタリングイヤホンのフラッグシップがMP-240。
しっかりとした音圧で豊かな低音域と、きらびやかな高音域を両立させた意欲作です。
音楽制作の現場でもそのまま使えるほどの一品です。

本当は、Pioneer DJ DJE-1500と、DJE-2000を掲載したかったのですが現在入手困難なため見送らせていただきました。

amazonをはじめとする通販サイトではとんでもないプレミア価格みたいになっているので、もし定価で手に入れられたらラッキーかもしれません。

まとめ

以上、DJ用イヤホンの選び方およびイヤホンランキングでした!

いかがでしたか?

ぼく自身はヘッドホンDJのスタイルを15年続けているのですが、イヤホンでDJをしたことももちろんあります。

結局ヘッドホンのスタイルに落ち着きましたが(癖で首を曲げてしまいますw)、一長一短なので自分のスタイルに合わせて選んでくださいね!

それでは皆さん、よいDJライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました